単純に血圧測定を行うだけが、高血圧の検査ではありません。スクリーニング検査の他、場合によっては精密検査も行われます。

高血圧の体の悩みとは何か

病院で血圧の体の悩みがないか調べる

自分自身の血圧に異常がないか確かめるには、病院に行くのが確実です。
医療機関を訪れ、高血圧かどうかチェックする形になりますが、このときには検査を受けることになるでしょう。
まず、最初に基本的な検査といわれるスクリーニング検査が行われます。
問診や血圧測定などが行われる他、血液や尿の検査、心電図検査、眼底検査などがこのスクリーニング検査に含まれます。
これをした結果、若干の血圧の異常が認められるものの、別の病気のような体の悩みがない場合には、生活指導が行われることになり、患者はそれに従い血圧管理をしていく形になります。
また、高血圧の他に深刻な病気に罹っていたような場合には、精密検査に移行する流れになるでしょう。
内容としてはMRIやMRA検査、超音波検査、X線CT検査などを行い、別の病気が何なのか見極めます。
また、高血圧の病気自体が、別の病気により引き起こされているケースがありますが、この場合には別の病気の治療を受けることにより、血圧を正常化させるという方法をとることになるでしょう。
もしもそうでない場合には、高血圧の状態の悪化具合などを確認し、どのような治療を行うのかを判断することになります。
なお、生活指導を受けた程度では、いわれたとおりにすることなく、これまでどおりの生活を送る人がいます。
高血圧が原因で深刻な病気を招く可能性が高まりますので、少しでも軽度のうちに血圧を正常化させたほうが良いでしょう。

関連情報

Copyright (C)2017高血圧の体の悩みとは何か.All rights reserved.